仮想アプライアンス版NEEDLEWORKをご利用の場合

 
 
Windowsアプリケーション版NEEDLEWORKは、仮想アプライアンス版と同じPCでご利用いただけます。
以下の作業実施後にWindowsアプリケーション版をご利用ください。

仮想スイッチの設定変更


  1. Hyper-Vマネージャーを起動し、「仮想スイッチマネージャー」をクリックします。
  1. 以下の仮想スイッチの設定(接続の種類)を”プライベートネットワーク”に変更し、OKをクリックします。 ※仮想アプライアンス版NEEDLEWORKで利用している仮想スイッチから、ネットワークアダプターのアサインを外します
      • NEEDLEWORK_SW01
      • NEEDLEWORK_SW02
      • NEEDLEWORK_SW03
  1. 以下の仮想スイッチの設定(接続の種類)を”プライベートネットワーク”に変更します。
 

設定を戻す場合

上記仮想スイッチにテストで利用するネットワークアダプターを指定(アサイン)します。
 

ネットワークアダプターの設定変更


  1. 以下のWindowsアプリケーション版の手順の通りにネットワークアダプターの設定変更を行います。
 

設定を戻す場合

⚠️
本設定はテスト通信にVLANタグを付与するために必要です。 Windowsアプリケーション版とは異なる設定が必要ですのでご注意ください。
 
  1. PCのコマンドプロンプトを起動し「devmgmt.msc」コマンドを入力し「デバイスマネージャー」画面を開きます。
  1. テストで利用するインターフェースのプロパティを開きます。
    1. ※以下の例では「ASIX USB to Gigabit Ethernet Family Adapter」を選択
  1. 詳細設定から「Packet Priority & VLAN」を選択します。
    1. 値を「Packet Priority & VLAN Enable」に設定しOKをクリックします。
 

NATの設定変更


仮想アプライアンス版NEEDLEWORKでNAT設定(リモート管理アクセスするために設定)を行っている場合、
Windowsアプリケーション版NEEDLEWORKと待受ポートが重複します。
PowerShellを管理者権限で起動し、下記コマンドでNAT設定の削除を行います。
 

設定を戻す場合

以下のフォルダに格納されているPowerShellスクリプトを管理者権限で実行します。
 

ライセンス認証


仮想アプライアンス版NEEDLEWORKと同じ情報(ユーザーID、プロダクトキー)でライセンス認証を行ってください。
 
ライセンス認証方法は下記「リファレンスマニュアル」をご参照ください。