📄

リリースノート: NEEDLEWORK-ScenarioWriter-For-FortiGate

 

最新バージョン

リリース日バージョン備考
2023/09/121.1.8・VIP指定時に予期しないポート番号が出力される不具合を修正 ・エラー等をログファイルに出力するように改善

過去バージョン

リリース日バージョン備考
2023/07/311.1.7・サブネットマスクが/31のアドレスが正常に出力できない不具合を修正
2023/07/201.1.6・FortiOSのバージョン7系に対応 ・ URLフィルタが有効なWebフィルタを設定したポリシーの出力時、シナリオにURLが出力されない不具合を修正
2023/06/201.1.5・ 該当する送信元アドレスが存在しない場合にログを出力するように改善
2023/06/141.1.4・ 名前無しポリシーのシナリオ生成時、UUIDを表示して実行中の出力がわかりやすくなるように改善 ・ 1ポリシー毎にシナリオを出力する仕様に変更 ・ 該当するアドレスが存在しない等のエラーになったポリシーをスキップして、次のポリシーを処理する仕様に変更 ・ 広範囲のネットワークアドレスやallアドレスの処理を高速化 ・ 複数intfを指定するポリシーが正常に出力されない不具合を修正 ・ 複数addrかつaddr名にスペースを含むポリシーで発生していた不具合を修正 ・ その他不具合の修正
2023/06/061.1.3・ 送信元,宛先intfに2つ以上のintfを指定したポリシーが正常に出力されない不具合を修正 ・ 一部設定で他のVDOMの設定を参照する不具合を修正
2023/04/171.1.2・ グループサービス内のサービス名にスペースを含むサービスを指定したポリシーが正常に出力されない不具合を修正
2022/10/141.1.1・ ポリシーの着信・発信インターフェースがany指定のポリシーの 「FW IP」, 「VLAN ID」の一部出力データを修正
2022/05/251.1.0・ ポリシーの着信・発信インターフェースがany指定のポリシーに対応 ※ 以下に該当するパターンは除く  ・ポリシーの送信元が"all"&着信インターフェースが"any"  ・ポリシーの宛先が"all"&発信インターフェースが"any"
2022/05/241.0.1・ 一部「宛先」・「期待値」の出力データを修正
2022/05/201.0.0・ Initial release
※最新バージョンのみダウンロードが可能です。