page icon

設定手順(テストインターフェース・VR)

 
テストインターフェースおよびVRの設定手順について記載します。
以下の具体的な設定要件をもとに説明します。
 

設定要件


以下の構成のネットワークをテストする場合のNEEDLEWORK設定内容・手順を記載します。
 
ネットワーク構成
下記図のファイアウォール(テスト対象機器と記載)がNEEDLEWORKでテストを実施する対象の機器です。
NEEDLEWORKでのテスト構成
NEEDLEWORKの設定内容は以下の通りです。
ファイアウォール(テスト対象機器)以外のネットワークはNEEDLEWORKで生成します。
NEEDLEWORKにはファイアウォールとの接続に必要なネットワーク設定(IPアドレス、VLAN ID)、ルーティング設定を行います。
 
NEEDLEWORKのテストインターフェースをTrust01、Trust02、Unturst用に作成(eth0/1,eth0/2,VLAN100,VLAN200)、 VRをTrust01、Trust02用に作成します(VR01,VR02)。
※Untrustは仮想ルーター「default」を利用します(「default」はどのVRにも所属していないネットワークが所属します)
 構成図上の”拠点NW’のネットワークも「default」に所属します
 
仮想ルーターイメージ図
 

テストインターフェースの設定内容


以下の通りにテストインターフェース、仮想ルーターを設定します。

インターフェース設定

インターフェース名タイプIPアドレス/CIDRVLAN IDOSインターフェースBaseインターフェース仮想ルーター ※
eth0/1物理インターフェース--LAN01--
VLAN100VLAN192.168.100.1/24100-eth0/1VR01
VLAN200VLAN192.168.200.1/24200-eth0/1VR02
eth0/2物理インターフェース10.0.0.254/24-LAN02default
※仮想ルーターとインターフェースの割当は仮想ルーター側の設定で行います

仮想ルーター設定

仮想ルーター名所属インターフェースルーティングテーブルタイプIPアドレスネクストホップ
VR01 VLAN100external0.0.0.0/0192.168.100.254
internal172.16.0.0/24-
internal172.16.1.0/24-
VR02 VLAN200external0.0.0.0/0192.168.200.254
internal172.31.0.0/24-
default ※eth0/2external0.0.0.0/010.0.0.1
※「default」VRはどのVRにも所属していないネットワークが所属します
 
インターフェース画面イメージ
 
仮想ルーター画面イメージ
 

テストインターフェースの設定手順


以下の手順でテストインターフェースを設定します。

VLAN100(Trust01)の設定

VLAN100の設定を行います。
 
  1. NEEDLEWORK操作画面左上のメニューアイコンをクリックし、 表示されメニューから「インターフェース設定」をクリックします。
 
  1. インターフェース設定画面が表示されます。 「VLAN100」は「eth0/1」のサブインターフェースとして設定します。
  まずは親になる「eth0/1」の設定が必要なため、一覧から「eth0/1」をクリックします。
 
  1. インターフェース設定画面が表示されます。
    1. ”OSインターフェース”項目から、eth0/1に割り当てる「LAN01」を選択し、「更新する」をクリックします。 eth0/1にはIPアドレスは設定しないため、空欄のままにします。
      ※OSインターフェース一覧には、Windowsのネットワークアダプター名が表示されます
      ℹ️
      一覧にインターフェースが表示されない場合は、OSのネットワークアダプターが認識されていない(接続されていない)、OSのネットワークアダプターでNpcapが設定されていない等の理由が考えられます。 Npcapの設定については下記ページをご参照ください。 ネットワーク接続のプロパティ設定
 
  1. VLANインターフェースを作成します。 画面左上の「新規作成」をクリックします。
 
  1. インターフェース設定画面が表示されます。 VLANインターフェース(VLAN100)の設定を入力し「追加する」をクリックします。
  ”タイプ”は「VLAN」を選択、”Baseインターフェース”には親インターフェースの「eth0/1」を選択します。
 
同様の手順でVLAN200、eth0/2の設定も行います。

VLAN200(Trust02)の設定

 

eth0/2(Untrust)の設定

 
 

仮想ルーターの設定手順


以下の手順で仮想ルーターを設定します。

VR01の設定(Trust01)

VLAN100に割り当てる仮想ルーター「VR01」を作成します。
 
  1. NEEDLEWORK操作画面左上のメニューアイコンをクリックし、 表示されメニューから「仮想ルーター設定」をクリックします。
 
  1. 仮想ルーター設定画面が表示されます。
    1. 初期状態では仮想ルーター「default」のみ設定されています。
      仮想ルーターを追加するため、「仮想ルーターを追加」をクリックします。
 
  1. 仮想ルーター設定画面が表示されます。 仮想ルーター(VR01)の設定を入力します。
    1. “所属インターフェース”項目は、仮想ルーターを所属させる(割り当てる)インターフェース「VLAN100」を選択します。
      設定後、「ルート設定」タブをクリックします。
 
  1. ルーティング設定画面が表示されます。 仮想ルーター(VR01)のルーティング情報を入力します。
    1. ℹ️
      “external(外部)”ルートでデフォルトルートを指定する場合は、IPアドレスに「0.0.0.0/0」を指定します。
      画面左下のプラスボタンをクリックすることでルーティングエントリーを追加できます。
      設定後、「更新する」をクリックします。
 
同様の手順でVR01、defaultの設定も行います。
 

VR02の設定(Trust02)

 

defaultの設定(Untrust)

 

ネクストホップへの到達性確認


以下の手順で仮想ルーターに設定したネクストホップへ到達可能なことを確認します。 ※ARPリクエストを送信しMACアドレスの解決ができることを確認します
ℹ️
本順は必須ではありません。 テスト実行前にNEEDLEWORKの設定、テスト対象機器との接続正常性を確認する際の手順となります。

事前ARP解決

操作画面上位の「事前ARP解決」をクリックしARPリクエストを送信します。
 
実行時にワーニングが表示された場合は、メッセージの内容を確認し設定を変更してください。
 

設定の適用と保存


以下の手順で設定の適用と保存を行います。

設定の適用

設定完了後、操作画面上位の「設定を適用」をクリックし設定を反映します。
⚠️
設定適用前にブラウザを閉じる・更新しますと設定が消えますのでご注意ください。
 
 
適用時にワーニングが表示された場合は、メッセージの内容を確認し設定を変更してください。
 

設定の保存

操作画面上位の「設定ファイルを保存」をクリックし設定をコンフィグファイルに保存します。
ℹ️
コンフィグは「TOML」というフォーマットで保存されます。 コンフィグを直接編集して読み込むことも可能です。 ※「設定ファイルを読み込む」から読み込みます